LEDとは
LED照明と今までの照明と何が違うのか?
環境に配慮したテクノロジーとの融合なのです。
HOME > LED照明・蛍光灯 > LEDとは?

環境とテクノロジーの融合

写真

地球温暖化防止、環境保全への取り組みが世界レベルで拡大する中、長寿命・低消費電力・水銀レス/紫外線レスという優れた環境性能を持つLEDは、白熱電球・蛍光灯に代わる次世代光源として大きな注目を集めています。
LEDがオフィスや工場、店舗・商業施設の主照明として普及していくことで環境保全への大きな取り組みとなっていくのです。


LED照明の特徴

   
  白熱電球や蛍光灯と比べ、消費電力が大幅に削減できます。   LEDは半導体のため、スイッチを入れた直後から明るく点灯します。
       
   
  発光原理が蛍光灯とまったく異なり、環境に有害な水銀を使用していません。   LEDは低紫外線のため虫が集まりにくく、灯具清掃の手間を大幅に軽減。美観も損ないません
       
   
  設計寿命役40,000時間でメンテナンスの手間を大幅に低減します。   可視光線以外の光はほとんど出さないので、紫外線による色あせや赤外線による温度上昇を抑えます。
       
   
  頻繁なスイッチON/OFFを繰り返しても寿命が短くなることがありません。   LEDは消費電力が少ないので、二酸化炭素排出もすくなくてすみます。

▲ページトップに戻る